防災時の飲み水を使う優先順位

持っているペットボトルは最後に使う

封のきっていないペットボトルは蛇口の水より腐りません。

結論、水道水の水を優先的に飲み水として使いましょう。

蛇口の水道水がすぐに無くなる事はない

建物には貯水層があります。
災害直後に蛇口の水が出なくなることは
直ぐにはありません。

水道水は飲み水としても日本では使えます。
ですので、飲み水として使うのは蛇口から出る水を
優先して使いましょう。

水の賞味期限を考える

なるべく保存の利くものを優先して
最後まで持っておくのが生き残る秘訣です。

水も放っておけば腐ります。
蛇口の水は、保存しておくための処理がされていないので
直ぐに腐ってしまいます。

ですが封のきっていないペットボトルであれば
滅菌されているため蛇口の水よりは腐りづらいのです。

被災後は短期間で解決できるか
長期間になるのか
先の見通しがつきづらいものです。

常に状況は最悪な方向(長期間の被災)を想定してましょう。

最悪を考えれば、水の賞味期限から考えて
手持ちの物から消費するのではなく

常に外部から手に入る資源を活用し
最終的に自分の手持ちから消費するように考えると
長期になってしまった時に苦しくなりづらくなります。

手持ちの水は最後に使うように心がける

自分の物を優先して使ってしまうと
誰か大切な人を助けたい瞬間にも
使えない時が出てくるかも知れません。

自分のためだけではなく
自分の大切な人達のためへの予備として
手持ちの水は大事にして下さい。

関連記事

地震などの集団パニックを回避し、避難誘導をスムーズに進めるための方法

防災の神器、地震、台風、浸水から自分を守るブルーシート

サバイバルの元プロが教える防災ライトの選び方/災害時の使い方

関連記事

  1. 生存戦略しましょうか。東京リアルサバイバル

  2. 地震などの集団パニックを回避し、避難誘導をスムーズに進めるための方法

  3. 災害時リーダーに必要な要素とは

  4. コロナウィルスでの備蓄対策について

  5. 被災時に使えるライターの選び方

  6. 防災の神器、地震、台風、浸水から自分を守るブルーシート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。