被災時に使えるライターの選び方

ライターはターボライター

理由は風の影響を受けずらく
雨でも着火しやすいからです。

100円ライターの弱点

100円ライターなどは、
フリント式と呼ばれる
火打ち石の原理でオイル芯に着火させる原理です。

そのため火花が起きないと着火出来ません。

100円ライターは構造的に気温と雨、風に弱いです。

結論、使いたい時に使えないライターなのです。

ライターを使いたい時

被災時に火が欲しい環境を想定してみて下さい。

雨で体温が下がっている時
服を乾かしたい時
食材や水などを調理したい時

このような場合だと思います。
その時の環境はどんな状況でしょうか。

雨の降っている時
風が強い時

火が必要な時は火がつけづらい環境

ターボライターはそんな悪環境でも
他のライターよりも火が簡単に付けられ
パワーを持っています。

関連記事

地震などの集団パニックを回避し、避難誘導をスムーズに進めるための方法

防災時の飲み水を使う優先順位

関連記事

  1. 地震などの集団パニックを回避し、避難誘導をスムーズに進めるための方法

  2. サバイバルの元プロが教える防災ライトの選び方/災害時の使い方

  3. 防災時の飲み水を使う優先順位

  4. コロナウィルスでの備蓄対策について

  5. 生存戦略しましょうか。東京リアルサバイバル

  6. 災害時リーダーに必要な要素とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。