• BCP

会社が被災したらどうする? 被災前に考え、知るべきこと

経営者や役員の方など
会社の運営をコントロールしている人からすれば
自分や家族の事も大事ですが
その次ぎに会社の事が気になりませんか?

そんな時の参考になる情報を載せておきたいと思います。

災害時の会社の存続や持続運営を考える

結論、被災前の準備が大切です。
被災後は状況がどうなるか分かりません。

政府の支援も入りますが基本的には動きが遅く
事業の存続を考えるとほとんど価値を発揮しないでしょう。

被災してしまう前に被災時の準備を人ではなく
会社・事業とという視点で考えましょう。

そのために最初の必要なのは、キーワードを知る事です。
情報も調べるためのとっかかりがなければ
徒労に終わってしまうのと同じです。

インターネットで調べたい事が調べられないのと同じです。

情報が溢れていても、きっかけや、とっかかりがなければ
情報にアクセスする事が出来ません。

そこで会社が被災したらどうする?
という状況に一番マッチしている
キーワードを紹介します。

BCPを知る

BCPとは被災時の会社運営に関する情報に
一番広くアクセス出来るキーワードです。
何故なら、「BCP」というキーワードが
被災時に会社をどうするかという指針を示す
考え方のキーワードだからです。

BCPとは事業継続計画の事です。
要するに災害時のマニュアルを準備しましょう。
という考え方です。

BCPの本質は事業を継続する計画のことですので
マニュアルだけではありません。
継続するための手筈を準備しておくという事です。

正式にはBCP(Business Continuity Plan)中小企業庁によれば
企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において

事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは
早期復旧を可能とするために

平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法
手段などを取り決めておく計画のことです。

災害時の会社運営の参考がなさ過ぎる現実

いままでは物流や電気、水道、通信などのインフラがという理由で
諦めていた節があります。

災害に遭ってしまったらどうしもうない。
インフラの回復と政府の支援で何とかしてもらうしかない。
被災する可能性も少ないですし、そんな意識が
多かったのではないかと思います。

天災だから仕方ない、次おこることはまずない。
まるで雷が落ちた場所は大丈夫などと高をくくってしまう意識が
根底にあったのではないでしょうか。

参考となる資料が不足している現実があります。
手近な情報も出回っていません。

しかし毎年のように日本は災害に遭い
対岸の火事という訳にもいかない状況です。

そして毎年のように日本の各所で
災害に遭ってしまっていては
周囲からの温情を受けることも
なくなって来ています。

実質事業の継続が出来るかは
取引先の信用問題にもなるため
これからは確実に取り組んで
いかなければならないでしょう。

BCPから検索の窓を広げる

BCPは政府主導の施策の一部でもあります。
ですので、情報の窓口として利用するのが良いでしょう。

欲しい情報はBCPをベースに検索を広げてみて下さい。

事例からの参考資料もいくつか存在しています。
政府主導のため、各省庁に関してもBCPに関する
とりまとめが行われているので
知りたい情報へのアクセスが一気に広がるはずです。

もちろん、このサイトでも情報を整理しながら
紹介はしていきたいと思っていますが

ご自身で調べていただき、一番有力な情報を
探し出すのが大切になるでしょう。

何故なら、BCPはあくまでも業種や規模などの細かいくくりで
考えれておりません。

あくまで一般的な思考プロセスの参考程度です。

それぞれの事業ごとに改良し
改善していかなければなりません。

まずは会社が被災してしまった時どうするか
そんな意識だけでも十分かもしれません。
そこから知見を広げ、具体的な対策を考えていきましょう。

参考アクセス先

内閣府http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kigyou/keizoku/sk.html

日本商工会議所https://www.jcci.or.jp/bcp/

関連記事

  1. BCPについて考える

  2. METTTCをBCPに活用しよう

  3. 新型コロナウィルスのパンデミック型の災害にどう対処すべきなのか。BCP…

  4. 緊急時に使えるフレームワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。